ザ・クラフトカレー誕生秘話

2020年11月〜12月実施したMakuakeでのクラウドファンディングでは、カレールーでは国内No.1の応援購入者数を達成いたしました。

この「ザ・クラフトカレー」がどのように誕生したのかをご紹介いたします。

僕ら兄弟は食品製造業を営む一族の3世代目として生まれました。

その会社、角光化成株式会社は祖父の代の昭和44年から52年の歴史を持ちます。

大手食品企業のOEMを柱とした事業を展開しており、その高い技術力が52年間の信頼を積み重ね、業界で認められております。

「ザ・クラフトカレー」はもともとそんな父の会社で「ビジネスとしてではなく、直向きにただただ美味しいもの作りたい」という精神で作られたカレーでした。原料からこだわり抜き、味と健康面に一切の妥協を許さず作られました。

僕らは高校生の頃からこのカレーをずっと食べてきました。だからこそ、その品質の高さ、その美味しさを誰よりも知っていました。そして父に「このカレーを売らせてくれないか」に頼み込みに行ったことが「ザ・クラフトカレー」誕生のきっかけになりました。

しかし返事は「このカレーはそういう商品じゃないんだ」と断られてしまいました。

その後も1年ほどかけて、想いを伝え続け「このカレーをそのまま売るのではなく、自分たちでアレンジを加えてオリジナルの商品として販売するなら良いぞ」と許可をいただきました。

そこからフードペアリング理論を元に原料の調整を繰り返し、「ザ・クラフトカレー」が完成したのです。

ですので、一朝一夕でできたような軽い商品ではなく、52年の歴史とその系譜を受け継いだ重みのある商品だということをお伝えできていれば幸いです。